種類とバックアップ | クラウドの仕組みを知って効率良くバックアップをしよう

種類とバックアップ

クラウドシステムが普及され、一般的になった今では、様々な処理を一台のパソコンだけで可能になりつつあります。
その種類も様々あり、代表的なのがデータを本体にローカル保存せずに、クラウド上(システム内)に保存するクラウドストレージがあります。
これによりローカル保存する必要が無いため、パソコン自体の終わらない容量拡張から開放され、クラウド上に保存したデータは特別なことをすることなく、様々なパソコンから見ることが出来るメリットがあります。
実はクラウドストレージ以外でもクラウドシステムは身近なところで使われていて、大きく分けて3つに分類されます。

SaaSはサーズと呼ばれ、クラウドシステムにあるアプリケーションをインターネットを経由してパソコンでも使用できるシステムです。
パソコンで何らかのアプリケーションを利用するには本体内にインストールされている必要がありますが、SaaSを利用するとこういったアプリケーションのインストールが不要になります。
代表的なものにメールサービス等があり、インターネット上で利用できるWEBサービスもこれに当てはまる場合があります。
SaaSの開発やシステムの基板を作り提供するのがもう1つの種類、PaaSパースです。

IaaSはイアースと呼ばれ、インフラを提供するクラウドシステムの一種で、物理的なハードウェアをインターネットを使用して提供します。
代表的なものにクラウドバックアップやクラウドストレージが挙げられます。
クラウドストレージは既に広く知れ渡り使用されていますが、クラウドバックアップはこれから多く使用されていくと見られています。
クラウドバックアップを利用する場合、保存容量やシステムの複雑性、保守性のレベル等で利用コストが変わってきます。
大抵の場合自動でバックアップが実行され、またデータ損失などの場合は専用のソフトなど要らずに、バックアップ先からDLするだけで復旧が出来ます。