料金 | クラウドの仕組みを知って効率良くバックアップをしよう

料金

バックアップという情報社会においては避けられることのない作業は、クラウドシステムで構築されたバックアップを利用することでその作業をすることも意識することも不要になります。
クラウドバックアップを利用することによるメリットは様々で、逆にデメリットを数えるのが難しいほどですが、実際に利用するときの料金がネックという方もいることでしょう。
まず自前でバックアップシステムを構築する場合、そもそもバックアップに関する広い知識が必須になります。
その上でシステムを構築しますが、まずバックアップサーバーといったコンピューターシステムを用意する必要があります。
そしてそれらをバックアップ対象のコンピューターと繋ぐため、ネットワークを構築する必要があります。
実際にバックアップするには専用のアプリケーションを利用し、ストレージに保存します。
これだけでゆうに最低でも数十万円はかかることがおおよその検討でも分かります。
運用するとなるとこれに人件費や運用費、保守管理に関する取り決めや、統一ガバナンスの制定なども必要になることでしょう。

一方クラウドバックアップを利用して行う場合、最初に利用プランなどを元におおよその費用を見積もることが出来ます。
プランは実際に使用する際の容量や、保守性のレベル、バックアップのレベル、また実際にシステムで使用されるCPUやメモリといった事を中心に決めていきます。
そのため一律で相場を算出するのは難しいですが、一般的なプランで言うと数百GBで月平均50000円以下というのが多く見られます。
勿論この数字は場合によっては大きく変動することが容易に予想されます。
ですが月額料金が数万円としてみても、自前の人件費に比べたら手が出しやすい価格と言えるでしょう。
そもそも既存のシステムを利用するため、自前の場合と異なり初期費用が高額でなく、運用費も比較的手が出しやすいメリットがあります。
またクラウドバックアップを提供している会社も数多いため、選択の対象が豊富である利点もあります。
クラウドバックアップを提供している会社によっては数週間のお試しとして体験することも出来ます。
この体験と口コミから信頼度などを元に実際に利用するクラウドバックアップサービスを決めていくといいでしょう。